Code and Stuff

Breaking down Momotaro

by Don on October 20, 2020 underjapanese

One of the things I’ve been assigned to do is watch/listen to a cartoon on Momotaro, the Peach Boy. I’ve previously read this story, but my memory of it is a bit hazy, and I think the cartoon I’ve had to watch is a little bit different.

PEACH BOY - MOMOTARO

So, I wanted to make note of any Japanese that was new or confusing to me. I’m not going to go through every line in the cartoon, as a lot of it is pretty easy to understand, but I’ll note vocabulary and grammar structures that are new to me.

むかし、むかし、ある ところに、 おじさんと おばあさんが おりました。

The new part here is おりました. This is a verb meaning “to exist”.

おじいさんは 毎日、山へ しばかりに

しばかり is “firewood gathering”.

川上から ももが ながれて きました

川上 (かわかみ) is “upstream”.

こりや、うまい! じいさんにも たんと くわせて やりたいのう。。。。

くわせて is the verb 食わせる, “to feed”.

すると、 こんどは 大きな ももが どんぶらこ どんぶらこと ながれて きました

すると is “thereupon”; どんぶらこ is “splash” or “plop”.

おばあさんは、おおよろこびで ももを ひろい、よいしょと かついで いえに もって かえりました。

おおよろこび is 大喜びで, “great joy”.

じいさんに たべさせたいと おもって ひろって きたんじゃ

おもってひろって is, I think, 思って拾って, which in context would be something like, I thought to pick it up because I want you to eat it.

ほぉ。。。そりゃあ、ありがたい!

ありがたい is “grateful” or “thankful”

ふたりは ももを わろうと しました。 すると。。。

わろう is probably 割る, “to divide; to cut”.

こりゃ、たまげた!

たまげた is from 魂消る「たまげる」, “to be astonished”

なんと まぁ、かわいらしい 赤子じゃのう!

かわいらしい is “lovely” or “sweet”. This seems to be かわいい with らしい, indicating that the boy in the peach has the quality of being cute or lovely. 赤子「あかご」 is a word for “baby”.

おじいさんと、おばあさんは、ももから 生まれた この 赤んぼうを ももたろうと 名づけ、二人で そだてることに しました。

I wrote down this whole line just to note 名づけ「なづけ」 is “naming” or “to name”.

ももたろうは、ごはんや おかずを、一ぱい たべれば、 一ぱいだけ、二はい たべれば、 二はいだけ、三ばい たべれば、三ばいだけ、どんどん むくむく 大きく なりました

おかず is a side dish. This line:

一ぱい たべれば、 一ぱいだけ、二はい たべれば、 二はいだけ、三ばい たべれば、三ばいだけ どんどん むくむく

Indicates that Momotaro grew larger and larger (twice as large, three times as large) as he ate more and more.

大きく なった ももたろうは、力もちで、かしこく、こころの やさしい 男の子に なりました。

力もち is a strong man. This indicates he grew up to be a strong, kind hearted boy.

それは、それは、かわいがり、たいせつに そだてました

かわいがり is “doting; being affectionate”, but also “training harshly” (怖い).

ある日、ももたろうが まきを わって いると

まき is 薪, pieces of firewood and わっている is the て form of 割る.

一羽の とんびが とんで きました

一羽「いちわ」 is “one bird”. とんび appears to be a “black kite”.

山 こえ~、たに こえ~、うみ こえ~

こえ here is 越える, “to cross over”, instructing Momotaro to cross the mountain, the valley and the sea.

たべものを うばったり、はたけや 田んぼを あらしたり する

はたけ is a field and 田んぼ is a paddy field. あらしたり is from 荒らす, to devastate or to invade.

わるい おにを たいじ したいのです!

たいじしたい is either 退治 (extermination) or 対峙 (confront), either of which works, I guess.

おじいさんと おばあさんは、ももたろうの ために あたらしい はおりや はかま

はおり is a formal coat

がんじょうな 金を わらじ、 みごとな かたなを よういしました。

がんじょうな 金を わらじ are strong (がんじょうな) metal (金) sandals (わらじ) and a splendid (みごと) sword.

一つ ください! おともします!

おともします is “I’ll be your companion!”

ありがたい! いっしょに おにを こらしめよう!

こらしめよう is, I think, from “to punish”, so this would be volutional - “let’s punish the demons!“.

ももたろうの おともに なりました

おともになりました is “became his companion”.

ももたろうたちは、ついに おにがしまに たどりついたのでした。

ついに means “at least” and たどりついた is “to arrive aT” or “to finally reach”.

ど、どうか。。 いのちだけは、おたすけ ください

Here, the demon leader is begging for his life.

もう 人びとを くるしめる ことは しないと ちかうか?

Momotari is asking the demon if he’s no longer going to harass the people.

ゆるして もらった おれに おには、 もって いた たからものを ももたろうに さしだしました

ゆるして is to allow/permit, or to forgive; but basically the demon lets Momotaro take his treasure.

Overall, this is a fun and short little video and fortunately available in both English and Japanese. There’s a lot of interesting stuff used in here, as well as some fairly formal speak, so I think it’s a good study opportunity but one that’s fairly approachable even at a low level.

There’s an entire book of Momotaro stories at The Japan Shop, which is how I first read the story of Momotaro.

Jisho and 楽しい Japanese were both crucial in looking up a number of these vocabulary words.


© 2021 Don Walizer Jr